医学部受験専門家庭教師|東大医学部進学会

医学部専門家庭教師による受験対策:早期始動の意味

医学部専門家庭教師による受験対策:早期始動の意味

中学生~高校2年生から医学部対策を始める意味

近年の医学部受験は標準レベルの問題をいかに数多く正答するかが求められています。
そのためには、より確実に、より素早くという相反する能力を身に付ける必要があります。
医学部受験では他学部受験に比べ全分野から幅広く出題されるという特徴があります。
問題そのものは標準レベルであっても、膨大な範囲の知識を確実なものとするにはやはりそれなりの時間を要します。
特に2科目課される理科系科目はどうしても後回しになりがちなので、後々に理科系科目に充分な時間を割くためにも英語や数学は早期始動が有利なのは言うまでもありません。
英語・数学の2科目は時間がかかる科目でもあり、この2科目が配点的に大きい医学部は多いです。
また、英語・数学は憶えれば済むという暗記科目ではないため一たび苦手が生じると取り返す事はたやすくありません。
弱点の強化に予備校に通う生徒は多いですが、予備校は基礎分野は出来ていて当たり前という前提でテキストが作成されているため、基礎分野の説明は意外とあっさりしています。
この状態で予備校に通っていても講義を聴いてわかった「つもり」になって帰ってくることになります。
わかった「つもり」が積もり積もると、実際は穴だらけになります。
勉強というのは「わかった」あとに自分で解きなおしてはじめて「理解した」という事になります。
しかし、苦手を作ってしまう生徒というのはこの解きなおしという作業を驚くほどしていません。
当然英語も数学も弱点だらけになってしまいます。
高3までこの2科目で苦手を残してしまうと苦手の克服で精いっぱいになってしまい、理科系科目が中途半端な状態で医学部受験当日を迎える事になります。
また、実際には苦手の克服さえできずに受験当日を迎えてしまう生徒が大半です。
当然、確実な知識さえ身に付けていないのに、それを素早く処理する訓練など出来ているはずがありません。
その結果が不合格となって跳ね返ってきます。

中学生からの早期始動を要望されるご家庭の場合目的は様々です。

・後々、予備校に通うために中学生のうちに正しい勉強の方法を身に付けたい。
・英語・数学の医学部対策がスムーズに進むよう、早いうちに高い基礎力を養成したい。
・すでに苦手が出来てしまったので、本格的な受験対策に入る前に最短距離で克服したい。

また高校1、2年生の場合は以下の理由でのご相談がほとんどです。

・すでに1年以上予備校に通っているが成果がない。

私達、東大医学部進学会は医学部受験対策を専門に行っているプロ家庭教師の集団です。
指導する講師は東京大学理科3類に合格実績を持つ講師、家庭教師として医学部合格実績を持つ予備校講師など本物の医学部専門家庭教師です。
医学部受験を志す生徒を専門に指導してきたからこそ、医学部合格に直結したノウハウを持っています。
中学生の場合は予備校に入る前の正しい勉強法の習慣化から弱点の補強まで最短距離で効率よく指導します。
予備校で成果が出ていない高校生の場合は一方通行の講義が向いていないか、上述したように、わかった「つもり」になっているだけで穴だらけという状態が大半です。
本格的な受験年度に突入する前に復習に対する取り組み方の見直しから、弱点のあぶり出し~強化までを最短距離で行います。
もちろん、予備校に通わなくても合格を果たせるようにスケジュール作成から、トータルの指導も可能です。

・早期から医学部受験への取り組みを開始したい。
・傷が大きくなる前に苦手教科を克服したい。
・医学部受験のトータルプロデュースを任せたい。

上記内容や医学部受験に対するご不安はお気軽に私たちにご相談ください。

追伸:早い段階で家庭教師の指導を受ける場合もっとも効果が大きい科目は英語と思われます。
理由として医系単語の存在が挙げられます。
中学生から高校1年生くらいまでの時間的余裕があるうちに医系単語・医系英語に触れておくと効果は非常に大きくなります。
医系単語、医系英語の読解などに早いうちから取り組みたい場合も私達にご相談ください。

医学部専門家庭教師問い合わせフォーム

Return Top
プレイステーション